不眠治療/不眠症対策の費用・選び方徹底解説-おすすめオンラインクリニック-

PR

2024年6月版

薬の種類・費用・病院選びを徹底解説

おすすめオンライン対応
不眠治療クリニック

ここがポイント!睡眠導入剤(睡眠薬)や医療用漢方は市販で買うことができません
市販されている「睡眠改善薬」は一時的な不眠を改善するものなので睡眠導入剤(睡眠薬)とは別のものです。 睡眠導入剤(睡眠薬)は必ず医師による診察・処方が必要です。ただしオンライン対応の不眠治療クリニックなら直接通院せずに診察・処方・薬の配送まで完結します。

少しでも不眠で悩んでいればクリニックに相談がおすすめ

DMMオンラインクリニック

低価格・オンライン診療だから手軽に不眠治療をはじめたい方におすすめ

\スマホで診察OK!当日予約も可能/DMMオンラインクリニックで予約する

どう違う?睡眠導入剤(睡眠薬)と医療用漢方

睡眠導入剤(睡眠薬)漢方

ルネスタ、リスミー
など

加味帰脾湯、
酸棗仁湯など
不眠の症状ごとに適切な睡眠を
誘発する医薬品。漢方やサプリ
比較し最も即効性がある
不眠が起こる原因を解消する
ように働きかける作用があり、
副作用が出にくい医薬品
すぐに寝られるように
なりたい人向け
ゆっくりと不眠を
改善したい人向け

以上のようにすぐにでも不眠を改善したい方には睡眠導入剤(睡眠薬)の服用がおすすめです。ただし必ず医師へ相談の上で服用の開始・終了を行うようにしましょう。

[補足情報]ドラッグストアなどで売っている市販薬は花粉症などで利用される薬と同じような成分となっています(睡眠導入剤とは全くの別ものです)。花粉症の薬を飲むと眠たくなる副作用を利用しているため不眠症の人に効くほどの効果がないのと、続けて服用すると1週間弱で効きにくくなります。そのため日常的に不眠に悩んでいる方はクリニックに相談することをおすすめします。

オンライン対応不眠症クリニック

DMMオンラインクリニック

低価格・オンライン診療だからはじめて不眠症治療を行う方におすすめ
診察料(税込): 初診・再診ともに0円
薬代(税込): 1日106円~
配送費(税込): 550円
利便性:

8:00~22:00までオンライン診療対応
(土日祝診察可能)だからスキマ時間で診療できる

定期配送、まとめて購入、お試しプランが便利、
またDMMポイントでの決済も可能。

実績: 不眠症だけではなく、医療ダイエット、ピル、
メディカルスキンケア、AGAなど様々な悩みに対して
医師による診察と処方を行っている。

スクロールできます

DMMオンラインクリニックのポイント

  • 初診・再診料無料、土日祝日も診察可能
  • また朝8時〜夜22時まで診療可能で忙しい方でもスキマ時間の15分ほどで待たずに受診可能
  • お試しプランで実際に効果を試してみることも可能!

DMMオンラインクリニックの料金について

1週間分のお試しプランでは睡眠導入剤と医療用漢方の両方を試すことができますし、効果が実感できれば毎月定期配送することも可能です(定期配送の方がお得に購入できます)。そのためはじめて不眠治療を行いたいと思っている方に気軽に試せるものとなっておりおすすめです。

オンライン対応のメリット

睡眠導入剤(睡眠薬)は医薬品です。そのためドラッグストアなどでは取り扱いがなく、クリニックで医師に処方してもらう必要があります。ただ最近はオンライン診察・処方が便利で手軽です!主なメリットは2つです。

①移動時間や待ち時間が不要
クリニックに行く必要なく、スマホ/パソコンで診察可能だから移動時間ゼロ。また予約制だから受付待ち・会計待ちの時間もゼロ。診察は5~10分で完了します。

②自宅で薬が受け取れる
診察後は自宅に薬を届けてくれるから処方箋を持って調剤薬局に行く手間なし。また定期コースなら決まったスケジュールで薬が届くからさらに便利

迷ったらこのサービスがおすすめ

DMMオンラインクリニック

低価格・オンライン診療だから手軽に不眠治療をはじめたい方におすすめ

\スマホで診察OK!当日予約も可能/DMMオンラインクリニックで予約する

よくある質問

睡眠導入剤は、効果の仕組みや使用目的によっていくつかの種類に分けられます。主なものには、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系、メラトニン受容体作動薬などがあります。ベンゾジアゼピン系は筋肉のリラックス効果も持ち、不安症の治療にも使われます。非ベンゾジアゼピン系は、短期間の不眠症治療に適しており、依存のリスクが低いとされています。メラトニン受容体作動薬は、体内時計の調整に作用し、時差ぼけの治療などに用いられます。それぞれの薬には特有の効果や副作用があるため、必ず医師に相談の上で服用することが大切です。

睡眠導入剤が眠くさせる理由は、その成分や作用によります。

  1. 神経伝達物質の調整: 睡眠導入剤の多くは、脳内の神経伝達物質のバランスを調整することで、リラックスや眠気を引き起こします。特に、GABA(ガンマアミノ酪酸)という神経伝達物質の作用を増強させることで、中枢神経を抑制し、リラックスや眠気を促進します。
  2. 体内時計の調整: 一部の睡眠導入剤は、メラトニンというホルモンの受容体に作用することで、体内時計を調整し、自然な眠気を引き起こします。
  3. 脳の覚醒中枢の抑制: 睡眠導入剤は、脳の覚醒中枢を抑制することで、眠気を引き起こすことがあります。

これらの作用により、睡眠導入剤は眠くさせることができます。ただし、使用する薬の種類や個人の体質によって、その効果や副作用は異なることがあるため必ず医師に相談の上で服用することが大切です。

睡眠導入剤の使用には依存性、副作用、中止時の反動などいくつかの危険性が伴います。そのため服用を始める際、服用を減らす際にも必ず医師の指示に従い、必要最低限の期間と量で使用することが重要です。

パーソナルな悩みを解決しませんか?

タイトルとURLをコピーしました